YOUTUBEに投稿する方法

    ユーチューブに動画を投稿する手段が曖昧である!
    公式の解説を見てみても、分からないところがある・・・
    という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな訳で、PC・スマートフォン(iPhone・android)各々のユーチュー「単純」は言い換えれば「わかりやすい」。
    誰が見ても承諾可能な解説や紹介、段取りや表現を仕上げる事です。
    「面白い」は言い換えれば「共感」。

    これは困難なところですが、最高の近道は自身の好きな事追求する事です。それに共感してもえれば、「面白い」動画になります。
    「役に立つ」は動画を見る人の視点に立つ事が大事です。使用する人が如何なる事で困るのか?観ている人が面白いと感じるのか?ニーズをリサーチして動画制作に臨む事です。

    ユーチューブでの動画制作において大事なところは毎日更新をし続ける事です。
    「ユーチューバー」として注意を集め利益を出している人たちは動画を更新し続けています。
    動画制作を満喫とことん好きな事を追求し続けるのが大切な事なのです動画制作で重要な事は、何を伝えたいのか、という事を明確にしておく事です。
    間延びした動画制作では、意図が全く分からずにつまらない動画になってしまいます。

    1番伝えたい事を前面に持ってくる事によって、一番目に視聴者の心をつかむ事が大事です。しかも、ユーチューブのケースには、つまらないと決断したケースには、最後まで動画を復活してもらえない事がおおかたです。

    一番目からつまらないと決断されてしまうと、その先にどれだけ面白さを抱えていても、それは閲覧される事はないのです。

    なので、特に動画のはじめに秘訣を持ってくるというアイデアが必須になります。
    ただ、奇をてらった動画は手っ取り早くに見透かされてしまう事が多々あるです。
    ただインパクトを付ければよいという事でもない事に用心やりたいところです。ブへの投稿メソッドを、図解でわかりやすく紹介していきます。

    困ったケースのポイントにしてみてください。ユーチューブを使用している方の心をつかむためには、できるだけ簡潔な動画である事が重要です。
    10分以上あるような動画は、わりと閲覧してみようとは思われないようです。
    数分程度で手軽にに終了するような動画のケースには、ひとまず見てみようか、というような関心を引きやすくなります。なので、動画制作のときには、できるだけ3分以内にまとめるのが良いでしょう。

    5分を超えるような時には、飽きられる見込みも高くなってくるので配慮が不可欠です。実のところ、稼いでいる人はどれくらい稼いでいるのか気に掛かりますよね。そんな訳で名高いYouTuberチャンネル登録者数1位のヒカキン(HikakinTV)の年収を探ると実に10億円近いインセンティブを受け取っていると言われています。

    ワールドワイドでお薦め登録者数が多々あるチャンネル「Smosh」の年収は約1億円でYouTubeから関連しているものの年商は20億円近いそうです。

    他に、日本人配信者のチャンネル登録者数順位はコチラ。
    チャンネル登録数順日本のYouTuber順位平均的には収入はPV×1/10(0.1)です。つまり、1000リユースにつき、100円の支払(RPM100円)が支払われます。eCPM(=RPM)これはクリックされるか、どれだけ見られたかによって移り変わりします。1000リユースにつき500円だったらRPMは500円です。よく勘違いされますが、このeCPMはグーグルが操作している訳ではなく、1000PVあたりのクリック数xクリック単価で計算されますので、eCPMにはバラツキがあります。

    SNSでもご購読できます。