リスクを考えた投資

投資につきもののリスクです。
ですから投資を始める前にはハイリスクハイリターンを狙うのか、ローリスクローリターンを狙うのか、ミドルリスクミドルリターンを狙うのか、長期か短期かといった大方針を決めてから投資を始めることが非常に大きなポイントになってきます。

そして何よりも先立つものがなければ投資はできません。実際に投資を行うにあたっては自らのライフプランやマネープランをチェックの上、生活に支障がないレベルをきちんと把握してから投資することが重要になってきます。
いかにローリスクローリターンの投資であっても何かの都合でマイナスになったときに自らの生活に支障があるようなレベルを投資する事はマイナスだと考えられます。

そして、実際にこのようなライフプランやマネープランを考えて投資をするあたっては第三者の意見を聞くことが非常に重要だと思います。
いかにマネープランに詳しい方であってもこれはお勧めしたいと思います。そこでファイナンシャルプランナーに相談の上自らのライフプランやマネープランを見てもらい、どのような投資を考えているかを明らかにしてみてください。

その上で株式投資が良いのか多少リスクが伴ってもFXが良いのか、場合によっては長期的な年金の貯蓄型などを考えた方が良いのかを決めていけば良いと思います。そしてその際にお勧めしたいのは可能な限り投資を絞ってしまう事は避けるべきだと思います。実際には分散投資を行いリスクをヘッジすることが非常に重要になってきます。

どうしても様々な投資を行うにあたっては自らの好み、または評判によって投資をしてしまうことも多いかもしれません。
しかしながら一極集中の投資で後で痛い目を見るよりはきちんとリスクヘッジを考慮した上で投資をしなければ意味はないと思います。

だれでも自らの思いが強くなってしまうことがあろうかと思いますが、ここで自分自身を抑えて客観的に見ることができれば投資の失敗は減ってくると思います。

そして、投資金額についても初心者であればあまりにも大きな金額を投資するのではなく、極力少なめに、リスクが少ないとしてもある程度抑え気味にスタートしつつ経験を積んでいくことが成功、そして長い目で見たときのプラスにつながるのではないかと思います。

結果的に、投資は長く続けたほうが間違いなくプラスになるでしょう。そのためにも堅実にプランを立ててから実行することが1番です。 

SNSでもご購読できます。