レンタルスペースの経営はサラリーマンの副業

不動産投資は成功すれば値上がり益と安定的な家賃収入が得られますが、まとまった資金が必要なのがデメリット。
また、金融機関からの融資の引き締めにより新たに借り入れることが難しくなりました。
そんな中でひそかなブームになっているのは、物件を買わずに取り組めるレンタルスペースの運営です。
物件を購入せずに、賃貸物件を活用するので費用が大幅に抑えられます。
そのため、サラリーマンの副業としても注目を浴びています。
内容にもよって変わってきますが、初期投資は50から100万円で始められます。
銀行にまとまったお金を預けても1年間に付く利息はジュース代にもなりません。
しばらく利用しないお金をレンタルスペースに回せば大きな利回りを狙えることも可能です。

レンタルスペースと言っても用途は会議室であったりパーティルームなどと様々。
買わない不動産投資なので、購入と比べてリスクも低い点もメリットです。
50から100万円の資金であれば、融資要らずで準備できそうですね。
気になるのは収益面ではないでしょうか。
ジャンルにもよって変わってきますが、月に70から80万円の売り上げは見込めそうです。
それから必要経費を差し引いて手元に残るのは30から40万円です。
本業以外で月に10万円単位で収入がアップすれば家計も大助かりですね。
そんなレンタルルーム運営ですが、少なからずデメリットがあります。
用途にもよって異なりますが、多忙月と閑散期が存在する点がデメリット。
例えばパーティールームは、イベントの多い年末に利用率が高いですが、閑散期だとそれがどうしても低下してしまいます。

必要経費を差し引くと収益が発生しない時期も。
そのため場所選びはとても大切。
需要がありそうな場所を選定することが必要不可欠です。
次に気になる点は、マーケティングではないでしよぅか。
本業でその部門に所属していないと難しいものがあります。
しかし、そのような心配は無用です。

ポータルサイトを利用すれば、利用料の集金から集客まで行ってくれます。
サイトに支払う手数料は売上の30%と高いですが、専門的な知識が必要な集客を代行してくれるので実に大きいでしょう。
需要がありそうな場所を選べばそれなりに収益が挙げられます。
軌道に乗れたら規模を大きくしていきます。
比較的新しいビジネスですが、まずは副業から始めると良いです。
レンタルスペースに関する情報はインターネットや雑誌などでも紹介されているので、気になった方は参考にしてみて下さい。

SNSでもご購読できます。