多くの競馬ファンに知れ渡っている競馬の常識通りに馬券を買うのではなく、時間をかけてデータを分析した人にしかわからない方法で予想するのが投資競馬の正攻法です。

例えば、レース間隔の空いた馬は状態がよくわからないので敬遠しがちですが、調教過程を調べれば狙える状態なのかよくわかります。
間違った思い込みで馬券を購入するのは投資競馬で絶対に避けるべきことです。
競馬の予想に自信がない素人は同じ間違いを何度もして外れ続けるものです。

メンタルに不安があって冷静な予想を続けることが難しいのならば、パソコンに予想をまかせるのがベストです。
回収率が高い予想をいつでもできるソフトがあれば、競馬を投資にすることが可能です。
競馬予想ソフトにはいろいろな種類がありますが、的中率の高さではなく回収率を少しでも上げることができる優秀なソフトを選択するべきです。

期待値を計算できるソフトは多くの競馬ファンから高い支持を得ています。
実績のあるソフトがいろいろな要素を使った分析をして自動的に馬券を選んでくれるので、ユーザーは投票すればいいだけです。

調教師のコメントなどを参考にして自分で馬券の予想をすることは競馬の醍醐味で面白いのですが時間が多く必要になるので効率がよくないです。
その点、ソフトのやる分析は時間がかからないし予想材料を自分で集めなくても大丈夫なので楽ちんです。

仕事で忙しくて馬券を買う時間が取れない人は自動で投票するソフトを使うのが最適です。競馬は速いタイムで走れる馬が有利なのでスピード指数の順位通りに馬券を買えばいいと思いがちです。

しかし、パワーのいる馬場状態だったり枠の位置などによってレース結果は決まるのでスピード指数は絶対ではないです。
スピード指数を使った予想をするソフトの回収率は必ずしも高くないので注意するべきです。

他の馬よりも高いスピード指数の馬は競走能力が高いのですが、凡走することがよくあるので陣営が本気で勝負をするつもりのレースなのかを判断することが必須です。
馬の能力の高さを比べて馬を選ぶのではなく、儲けが増える確率が高いと思える馬を優先して買うのが投資競馬の正しい考え方です。
馬の本当のコース適正を知るために血統を使うことが有効なのは昔から有名です。

血統のデータの分析方法は奥が深いので予想は簡単ではないですが、投資競馬に血統分析を活かしたい人はそれぞれの種牡馬の傾向をじっくり研究するといいです。